当協会の資格は平成20年からスタートした国の
職業能力資格証明制度=ジョブカードに記載できる資格です。
受験の手引 資料請求
協会案内   プライバシーポリシー お問い合わせ サイトマップ
協会案内
協会活動
プレスリリース
検定スケジュール
調剤情報実務能力認定試験
薬剤情報担当者®
医療情報実務能力検定試験
認定医師秘書TM
医療秘書情報実務能力検定試験
メンタルケア心理士®認定試験
准メンタルケア心理専門士TM認定試験
メンタルケア心理専門士®認定試験
介護情報実務能力認定試験
メディカルケアワーカー®(看護助手)検定試験
認定福祉理容介護師®、認定福祉美容介護師®
認定福祉理美容介護助師資格
メンタルケアカウンセラー(R)
認定歯科助手TM
医事コンオペレーターTM
電子カルテオペレーターTM
合格者のお言葉
Q&A
会員について
賛助会員一覧
協会書籍案内
お問い合わせ
サイトマップ
メンタルケア学術学会
電通こころラボ
アクロバットリーダーのダウンロード
検定スケジュール >>  メンタルケア心理士® 認定試験
メンタルケア心理士(R)
財団法人 生涯学習開発財団認定
クリックするとリンク先が開きます

クリックするとリンク先が開きます
財団法人 生涯学習開発財団認定
クリックするとリンク先が開きます
   
   ストレス社会と呼ばれる昨今、3人に1人がうつや何らかの心の病を持っていると言われています。メンタルケアで注目を浴び、精神の健康や、その健康を維持し、心の負担を未然防ぐことも非常に重要なことと考えます。
身体疾患の原因としてもストレスがきっかけとなることも多く、また身体疾患から精神疾患を患うことも珍しくありません。
 人間が生きて行くうえでメンタルケアの知識があることで可能性が広がります。それは医療、教育、仕事、そして人間が成長して行く上での環境に伴う変化など、さまざまな状況を体験し、自ら又は他者に支えられ克服して行く過程において、“カウンセリング”という“相談援助知識”の活用の可能性を見つけてゆきます。
 
   
2018年度よりメンタルケア心理士(R)及びメンタルケア心理専門士(R)認定試験
実施形式変更及びメンタルケア心理士(R)・メンタルケア心理専門士(R)認定方法の変更

 

 日頃より、当学会の事業活動にご理解、ご協力をいただいている皆さまに感謝申し上げます。さて、2017年7月10日に「2018年度よりメンタルケア心理士(R)認定試験実施形式変更及びメンタルケア心理士(R)・メンタルケア心理専門士(R)認定方法の変更」として告知致しました内容を具体化し、以下の通り今後変更をいたしますことご案内いたします。

1.メンタルケア心理士認定試験実施形式変更について
2018年度より、現行の試験実施形式である在宅試験からCBT試験へ変更いたします。
<CBT試験とは>
全国47都道府県、全国約200会場のテストセンターにて、コンピューターを活用した試験を実施します。 近年では、漢検や英検などの検定団体の他、大学の語学入試、大手企業の採用試験や社内評価試験などにおいても導入が進んでおり、21世紀の主流となる次世代型試験モデルと言えます。

2.メンタルケア心理士専門士認定試験実施形式変更について
2018年度より、現行の試験実施形式である会場試験からCBT試験へ変更いたします。変更に伴い、学科試験の実施を、現行年2回のところ年4回いたします。実技試験については、現行の会場試験とし、実施回数(年2回)、実施場所(東京、大阪(年2回)、福岡、愛知、宮城、北海道(年1回))に変わりはありません。

3.メンタルケア心理士・メンタルケア心理専門士認定方法の変更について
現行のメンタルケア心理士・メンタルケア心理専門士認定試験はメンタルケア心理士が「こころ検定2級」、メンタルケア心理専門士が「こころ検定1級」と試験名称を変更します。メンタルケア心理士・メンタルケア心理専門士の認定は継続され、こころ検定2級合格者は、メンタルケア心理士資格登録を行うことでメンタルケア心理士の称号が授与されます。同じく、こころ検定1級合格者は、メンタルケア心理専門士資格登録を行うことでメンタルケア心理専門士の称号が授与されます。

4.本変更によるメンタルケア心理士・メンタルケア心理専門士について
本変更によってもメンタルケア心理士・メンタルケア心理専門士の認定は今後も継続してまいります。

5.こころ検定1級学科試験、こころ検定2級の受検申込方法について
2018年度の実施より、従来までの、願書等の書面での受検申込は廃止とし、こころ検定公式ホームページからの受検申込のみとなります。こころ検定公式ホームページはパソコン、スマートフォンの利用が可能です。

2018年度こころ検定実施についてはこころ検定公式ホームページ(https://www.cocoroken.jp)でご確認ください。

2017年12月25日
日本学術会議協力学術研究団体 メンタルケア学術学会

 
   
   
 
  医療・福祉・教育・産業・公共サービス等での相談援助および心理カウンセリング、心理療法によるカウンセリング業務従事職やコミュニケーション向上で求められる基礎能力を有すことを証明します。
メンタルケア心理士(R)の対応領域
社会環境
不安
精神疾患予備軍
精神疾患
経済不況
少子高齢社会
雇用問題
就業条件の悪化
メディアの多様化
ストレスの増加
人間関係の悩み
仕事の悩み
家庭の悩み
育児の悩み
病気の悩み
災害、事件等の恐怖、
トラウマ
不眠
うつ(気分の落ち込み)
食欲がない
集中力の欠如
身体の不調
何事にもやる気が
おきない
など
・心因性精神障害
・不安症
・パニック症
・社交不安症
・強迫症PTSD
など
・内因性精神障害
・うつ病(DSM-5)
・双極性障害
・統合失調症
など
行政・地域自治体
支援分野
相談分野 メンタルケア心理士(R)対応範囲
専門家(精神科医等)治療分野
相談分野 准メンタルケア心理専門士TM対応範囲
相談援助支援分野 メンタルケア心理専門士(R)対応範囲
相談内容や状況によって専門家(精神科医等)や
地域自治体・行政制度との連携が必要
専門家(精神科医等)
治療と連携が必要
 

申請必須条件を満たし、下記の1または2のいずれかの条件を満たしている者

    【申請必須条件】こころ検定(R)2級合格者
  1. メンタルケア学術学会指定教育機関において、メンタルケア心理士(R)教育課程を修了した者
  2. ・認定心理士の資格を保有している者
  3. ・産業カウンセラーの資格を保有している者
    ・メンタルケア学術学会が定める「学士・修士申請規定」を満たし、文部科学省の定める4年制大学心理学部、学科または心理隣接学部、学科卒業者で証明できる者
  (1)精神解剖生理学
  ◆生化学に関する基礎知識
・染色体と遺伝子 タンパク質 酵素 脂肪 炭水化物
◆解剖生理学に関する基礎知識
・人体の組織:骨格、筋肉 ・人体の器官:消化器系、循環器系、呼吸器系、泌尿器系、生殖器系、感覚器系、内分泌系、神経系
◆生理心理学・認知心理学に関する基礎知識
・ストレス ・認知や感情と脳の関係 ・睡眠 ・記憶
◆薬についての基礎知識
・薬理学:吸収、分布、代謝、排泄 薬の形状
 
  (2)精神医科学
  <DSM−5分類法に準拠>
◆精神障害に関する基礎知識
・統合失調症 妄想性障害 緊張病 ・双極性障害 抑うつ障害 ・不安症 強迫症 PTSD ・神経発達症(発達障害) ・摂食障害 ・睡眠障害
◆発達心理学に関する基礎知識
・発達過程と課題 ・危機 ・認知発達
◆身体疾患と精神症状に関する基礎知識
腎不全 肝炎 脳卒中 パーキンソン病 認知症 糖尿病 クッシング症候群 更年期障害 甲状腺機能低下症 癌 ステロイド 梅毒
◆薬剤に関する基礎知識
・抗うつ薬(三環系(第1群)、四環系(第2群)) ・SSRI(第3群)・抗不安薬:ベンゾジアゼピン系 ・抗精神薬:フェノチアジン系 ベンザミド系、ブチロフェノン系 ・抗精神薬・睡眠薬系統等
 
  (3)カウンセリング基本技法
  ◆カウンセリングとは
・カウンセリングの歴史 ・カウンセリングの目的 カウンセラーの存在 職域におけるカウンセリング
◆カウンセリング概論
インテーク面接 共感的理解 心理アセスメント 感情語 リファー
◆カウンセリング倫理
・カウンセリングに関わる倫理 ・守秘義務とその例外
◆カウンセリングと医療の関係
チーム医療 地域精神医療 ケースカンファレンス
◆心理療法基本
・精神分析療法 ・来談者中心療法 ・指示的療法 ・ケーススタディ
 

※資格登録認定方法につきましてはメンタルケア学術学会ホームページをご覧ください。
   

※資格登録認定方法につきましてはメンタルケア学術学会ホームページをご覧ください。
   

※資格登録認定方法につきましてはメンタルケア学術学会ホームページをご覧ください。
   
   
メンタルケア心理専門士(R)
   
  ↑トップへ
 
もどる
     
   
協会案内 プライバシーポリシー