http://www.medin.gr.jp
受験の手引 資料請求
協会案内   プライバシーポリシー お問い合わせ サイトマップ
協会案内
協会活動
プレスリリース
検定スケジュール
合格者のお言葉
Q&A
会員について
賛助会員一覧
協会書籍案内
お問い合わせ
サイトマップ
メンタルケア学術学会
電通こころラボ
アクロバットリーダーのダウンロード
合格者のお言葉  
合格者のお言葉一覧 倉田 義大 様
メンタルケア心理士(R) 合格者のお言葉
倉田 義大 様 |メンタルケア心理士(R) 合格
メンタルケア心理士(R)の合格を手にされたご感想をお聞かせください。
素直に喜んでいます。しかし、上級試験まで合格してはじめて「基礎知識の習得がで きた」と考えているので、上級試験を目指して精一杯取り組んでいこうと思います。
メンタルケア心理士(R)取得を目指すきっかけをお教えください。
現在、夜間大学で語学を、英語と中国語の修練に励んでいます。これらを活かして日本に滞在する英語圏や中国語圏の人たちに対するカウンセリングサービスを提供したいと考えています。やがては、韓国語も学び、日本を追随するアジア周辺諸国の社会情勢の変化についていけば、心の病気を抱える人々の力になりたいし、使命であると思い資格を取得しました。
これからメンタルケア心理士(R)を目指す方々へアドバイスをお願いします。

実技判定となる2つの論文(400字以内)は特に練習が必要です。練習とは各技術と知識の習得の2つを意味します。これらも用いて論述すると、、大抵450字程になります。これを言い換えて400字以内に収める必要があります。つまり、360字程度で終わってしまうような論文は危ういということです。説明不足、必要語句の不足により、合格ラインに達しない可能性が高くなります。とても重要なことなので繰り返し練習をされることをお勧めします。

 
もどる
     
   
協会案内 プライバシーポリシー