http://www.medin.gr.jp
受験の手引 資料請求
協会案内   プライバシーポリシー お問い合わせ サイトマップ
協会案内
協会活動
プレスリリース
検定スケジュール
合格者のお言葉
Q&A
会員について
賛助会員一覧
協会書籍案内
お問い合わせ
サイトマップ
メンタルケア学術学会
電通こころラボ
アクロバットリーダーのダウンロード
合格者のお言葉  
合格者のお言葉一覧 Y・A 様
メンタルケア心理士(R) 合格者のお言葉
Y・A 様 |メンタルケア心理士(R) 合格
メンタルケア心理士(R)の合格を手にされたご感想をお聞かせください。
試験受験後、会社員である私は、突然英国駐在を命ぜられ、実家より転送されてきた合否通知を英国で受け取りました。試験問題は予想外に難しいと感じていたので、合格を手にしたときは、嬉しさのあまり思わず声を上げてしまい、机の前にいた英国人に不思議がられました。
メンタルケア心理士(R)取得を目指すきっかけをお教えください。

営業関係の業務ゆえに、周りにストレスを抱える人が多く、休職を余儀なくされる人も散見されました。上司として産業医とクライアントの面談時に同席するよう言われるケースが多々あり、その都度メンタルケアに関する興味が増幅され、勉強したいという強い欲求が生まれました。学生時代に心理学を勉強したり、スポーツ医学をかじり身体に関する若干の知識を持っていたりの経験もこれに拍車をかけ、資格取得を目指すきっかけとなりました。

これからメンタルケア心理士(R)を目指す方々へアドバイスをお願いします。

世界的な金融危機に端を発し、各企業では人員削減、業務合理化が進み、その結果、一人当たりの業務負荷が増え、ストレスの増加要因となっています。私自身も会社員の一人として、こうした環境におかれているわけですが、日本の経済も一朝一夕に回復するとは思えず、厳しい職場環境はしばらく続くと思っています。この状況下、メンタルケア心理士の資格は近い将来必ずや要求される資格として注目されると信じていますし、今回取得できて本当に良かったと思います。次の目標であるメンタルケア心理専門士の資格取得に向けて頑張りたいと思う気持ちが高揚してくるのは個人的興味もさること乍、今の社会がそのような気持ちにさせていると思います。皆さんもどうかチャレンジしてみてください。

 
もどる
     
   
協会案内 プライバシーポリシー